胃本文へスキップ

 大阪 大阪市淀川区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

 胃は消化管の一部が膨らんで、摂取した食物を一時貯蔵し消化する器官です。ラテン語では、ventriculus(ベントリクルース)と呼び、Venter(腹)、culus(小さい腹)がつながってできています。

 胃は袋状になっていいますが、食物が入っていないときは縮んでわずか20?程度の大きさになります。それが、食物を取り込むことによって1.5〜2?の大きさまで膨らむので伸縮性にとんでいるのがわかります。

 胃の構造

胃 胃は上部を胃底と呼びここに食道がつながり噴門部と呼ばれます。これは食物が食道から勢いよく噴出されるイメージから名付けられました。中央部を胃体部、下部に有る縮んだ部分を胃角、小腸につながる前の広がった部分を部分を幽門部または胃庭部、省庁との境目を幽門と呼びます。ちなみに幽門はギリシャ語でpylorus(ピルロス)といい門番を意味します。

 胃の機能

 人間の胃は食物を一時的に保持、消化を行う事が主な機能です。栄養素の吸収は行いません。胃に食物を一時的に保持している間に、タンパク分解酵素であるペプシンが分泌され食物中に含まれる有害な生物(ウィルスや細菌)を処理します。

 胃液の分泌には神経性の分泌と胃独自の分泌があります。神経性の分泌は迷走神経刺激による分泌で、食物を見たり臭いを嗅いだ時に反射的に起こります。胃独自の分泌は、胃に食物が入り直接刺激を受けた時に起こる反応です。タンパク質やアルコール、カフェインは特に分泌を刺激します。

information

ロゴ大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、国家資格所持者による自律神経失調症の治療を行っております。
当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からの顕彰国連機関のWHFからの顕彰、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

あなたの症状に応じて、東洋医学治療や自律神経免疫療法、整体療法、バイオフィードバック療法なども使っていきます。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。
一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう!

受付時間
10:00〜21:30 /

※日曜診療は8:30〜19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・土曜日・祝日

【自律神経失調症の治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府堺市・大阪府摂津市・大阪府寝屋川市・大阪府大東市・大阪府東大阪市・大阪府大阪狭山市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市・京都府・滋賀県・岐阜県・愛知県・奈良県

LINE〒532-0004

大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も頭痛の治療を行っております。

dysautonomia自律神経失調症

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜日も起立性調節障害の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。